ARTICLE

記事

節分ラーメンなんて、いかがですか?

2019/02/01

寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今日も博多区で温かいラーメンを手作りしております、長浜ラーメンめんめんです。

そろそろ節分ということで、暦の上では春がやってきますね。

お子様がいらっしゃるご家庭では、おうちの方が鬼役を買って出たりするのでしょうか。

温かくなるのが待ち遠しいような、もうしばらく冬を楽しみたいような、複雑な気持ちです。

節分と言えば、最近では日本全国に広がった「恵方巻き」が人気です。

年によって良い方角が違うのだとか。

昔は、良くない方角に向かわなければならないときには、

まず別の方角に行ってから、改めて進みなおす「方違え」という方法で行きたい場所に向かうなどもされていたそうです。

現在でも方位占いに詳しい方はそのように行動されることもあるのだとか。

このように何気なく楽しんでいる年中行事ですが、改めて考えてみると長い歴史があり、奥が深いものだなと感じます。

さて、恵方巻きも美味しいですが、一部地域では、節分にはお蕎麦を食べるのも人気があることをご存知でしたか?

なんでも「節分そば」といって、昔から食べられているのだとか。

節分は旧暦でいうところの年越しにあたるため、現在の年越しそばと同じ意味合いだったようです。

麺は長く伸ばして作るので、「健康長寿」などの縁起を担いで食べられています。

同じ麺類なので、年越しラーメンに続き、節分ラーメンもいいかもしれません。

ラーメンの麺のように、長浜ラーメンめんめんも、皆様と末永くお付き合いをさせていただきたいと願っております。

今日も真心を込めてラーメンや餃子を手作りしております。

ぜひお召し上がりください。